ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

山路にヤマアジサイが咲いていました

信州新町山穂刈宇内坂地区のヤマアジサイは、紫が濃くてきれいです。

2022781523.JPG

今年の暑さを忘れさせます。

夏至を過ぎても、アルプスの残雪はくっきりと

夏至を過ぎたのに、アルプスには残雪が、しっかり残っています。

20227812252.JPG

以前、この時期に栂池自然園に行きましたが、殆ど雪の原で、中を歩けませんでした。

小川村 日本記からの景色です。

緑肥 てまいらず

今年も、南瓜の畝間に、緑肥を蒔きました。

202261595312.JPG

品種は、マルチムギ てまいらずです。

202261595530.JPG

これをレーキで土をかけます。

20226159570.JPG

シソの苗

4月28日に蒔いたシソは、大きくなってきて、そろそろ移植の時を迎えました。

20226159479.JPG
梅雨入りしたら、天気の悪い日を見通して、植えてあげます。

春の作物が続々と収穫に

春に植えた作物が、続々と収穫の時期になりました。

20226694726.JPG

レタスしずか、柔らかくてとてもおいしいです。

20226695133.JPG

リーフレタス マリノは、葉をかきながら食べてきましたが、もう株で収穫しても良くなりました。

20226695439.JPG

生で食べられるケール カーリーグリーンも、葉をかいて食べています。

信州の初夏

アルプスの残雪と木々の緑のコントラストが映える時期になりました。

20226694051.JPG

20226694221.JPG

この山の上に人家が並んでいるのは、信州西山地区ならではの風景でしょう。

スイカの接ぎ木

会社でスイカを接ぎ木しました。

2022525103751.JPG

台は、右が南瓜、左が夕顔です。

種採り用なので、開花、交配が、梅雨明けの7月下旬となるように、設計しています。

今年は、5月の天候が不良のため台木が生育せず、予定日を4日遅らせたためにスイカが大きくなりすぎましたが、

まあ、大丈夫でしょう。

接ぎ木の方法は、居接ぎ差し接で、台はポットで育て、その芽を取って穴を開け、そこにスイカを挿します。

この方法が、一番手間がかからないのですが、台の水分を接ぎ木時に如何に抜いておくかが秘訣になります。

かぼちゃとスイカの種まき

カボチャの種を蒔きました。

当社では、アク抜きしたクン炭に瓜類の種を蒔きます。

30℃でまる2日おくと、根が2~3cm伸びた状態になります。

2022514103828.JPG

会社ではこれを芽出しと呼んでいますが、正確には根出しですね。

ところで皆さん、どうしてカボチャの種の根(瓜類全般も同様です)は、このように強くくの字に曲がって出てくるのでしょうか?

それは、瓜類はこの強力な皮を脱がなければならないという宿命があるからです。

なぜ、強力な皮なのか。

瓜類は果肉の中に種を作り、動物が果肉と一緒に種を食べることによって種を運んでもらい、糞と一緒に種を蒔いてもらいます。

その時に、強力な胃酸によっても消化されないさらに強力な皮で被われているので、種は生き延びることが出来ます。

しかし、その強力な皮が発芽の時にはネックになります。

この強力な皮を脱ぐのが大変なのです。

そして、この皮を脱げないと、光合成が出来ないので、死んでしまいます。

この皮を脱ぐための仕掛けが、この強力にくの字に曲がった形にあります。

当然、根は下に向かって伸び、首元が地面すれすれに出てきて、問題の双葉は、種が土の中に埋まった状態から、この皮を土にこすりつけて、皮を脱いで出てきます。

この性質を知らない人が、この根の出た種をポットに植えると、種の上にかかっている土が少なすぎて、皮を脱げずに外に出てしまい(皮っかぶりと呼んでいます)、

双葉は身をよじって皮を脱ごうとしますが、脱げかかっていればそれで脱ぐことが出来ますが、しっかりかぶっている場合は脱げずに、やがて枯れてしまいます。

ですから、この種の部分をしっかりと土の中に入れてあげる必要があります。

2022514105757.JPG

深さは、首が外に出るすれすれが良く、深く植えてしまうと、2日ほど出るのが遅れたりします。

私の考えでは、この首元で光を感知し、双葉に光合成が出来る準備(葉緑素を作らせる)を開始させ、日陰ではないので他の植物との日光獲得競争に参戦するため、もやしのように伸びなくて良いという情報を与えるので、しっかりと根を張ってから外に出てくるように思います。

202251411429.JPG

このように、種をしっかり穴の中に入れて首元を出して植えると、皮を脱いで双葉が緑色になって出てきて、揃いも良くなります。

 特に、スイカの種は皮を脱ぐのが下手で、かつ皮が硬く、土が薄いと皮を脱げずに出てきてしまい、出たてなら皮が湿っているので脱がせやすいのですが、乾いてしまうとカチンカチンになり、無理矢理脱がせようとすると、葉が切れてしまいます。

2022514115045.JPG

スイカは、双葉が出始めの時、棒で皮をつついて、皮が地面の中にいる時に脱ぐ手伝いをしてあげると、きれいに脱げます。

ホオの花が咲いてきました

ホオの花が咲くと、いよいよ本格的な春という感じになります。

2022514103041.JPG

苗を育てたり植えたりで大忙しの時期になりました。

しその発芽

4月28日にまいたしその種が、発芽してきました。

12日、かかりました。

2022514102332.JPG

日光を受けられるように、わらを取って上げました。

途中、1回だけわらの下側が乾いてきたので、水をあげました。

しその双葉は、半円を2枚つなげたような形ですので、雑草と区別がつきます。