ホーム>オンラインショップ>種 発展商品・その他>そば>信州大そば

信州大そば

■特性
●信濃一号(2倍体品種)にコルヒチン処理を行ない作った4倍体品種から選抜された、栽培容易な多収穫品種。
●1、000粒重が約50gと種実が大きく、増収性に優れる。(在来種は約30g)
●吸肥力が強く大型となり、茎も太く倒伏しにくい。
●脱粒性が難であるので、機械化利用が出来る。
●霜に対して強いので収穫期に幅があり、労働力の配分に有利である。信州で改良された、味が濃く大粒で、美味しいと評判の品種です。
■栽培法
●従来の品種より5~10日早く播種して下さい。初霜から逆算して80~90日前が播種適期。
(例 初霜が11月下旬の場合、90日前の8月下旬に種まきをする。)
●肥料は窒素分の少ないものを少量施し、前作によっては無肥料でも良い。一般的には、元肥として10a当り苦土石灰60~100kg、窒素分の少ない大豆用の化成肥料20~30kg程度とする。
●播種量は10a当り早蒔で4kg(7リットル)、遅蒔で5kg(9リットル)が標準です。条播または散播で、種子の間隔が6~7cm位が適当。
●播種期のかんばつによる発芽不良や、倒伏を避けるため、覆土はできるだけ深くする。5~6cmが適当。
●倒伏防止のため、播種後20~30日の間に土寄せを行う。
●早刈りは絶対にしないで下さい。簡単には脱粒しないので、畑で充分実らせてから収穫して下さい。
従来のそばは霜にあたる前に刈り取りましたが、「信州大そば」は霜に強いので、2~3回霜にあわせ、葉が落ち種実が全体の7~8割黒くなった頃収穫します。早採りは減収となり品質も低下しますので特にご注意下さい。
●刈取後「島立て」等により、後熟を充分させると完熟した種実が得られます。
●一般に「そば」は水に弱い作物です。転換畑などで排水の悪い畑には作付けしないで下さい。止むを得ない場合は、排水溝を切ったり、高うね栽培とする。
●種子1袋で5㎡位の面積に使用する。


※注:5リットル以上の割引き価格で注文された場合は、送料が別途、近県で880円かかります。
(南東北、中国、四国は、990円、北東北、北九州は、1100円、南九州は、1210円、北海道は、1320円、沖縄は2200円、離島は2150円かかります。)
配送方法の指定の欄で、西濃運輸を、沖縄以外の離島の方は、離島を選択して下さい。

信州大そば
商品コード:714
信州大そば

■生産地 長野県
■無消毒
■固定種

◇100円:15ml入(約150粒)

◇374円:1dl入(約1000粒)

◇1804円:1リットル入

1419円※5リットル以上お買い上げに限る:1リットル当
→必ず注文数量は、5以上の数字を入力下さい。送料が別途かかります。配送方法の指定の欄で、西濃運輸を指定して下さい。沖縄以外の離島の方は、離島を選択して下さい。

※価格は税込みです。

販売価格:100~1,804
関連カテゴリ:
種 発展商品・その他 > そば
項目別 > 固定種
項目別 > 長野県産
項目別 > 無消毒種子
項目別 > 地方野菜
サイズ:
数量:
在庫: 7~52
カゴに入れる
問い合わせる

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む