ホーム>オンラインショップ>果実を食べる野菜の種>トウモロコシ>ミルキースイーツ(とうもろこし)

ミルキースイーツ(とうもろこし)

口中にひろがる甘さ!生で食べてもおいしいフルーツコーン

■特 性
●播種後84日程度で収穫
●370g前後の食べやすい大きさに良く揃い、極端な大小が無い
●粒は、16~18列の2Lサイズ中心
●先端不稔が少なく、鮮やかな黄色で光沢がある
●食味は極上で、ほとんど粒皮の存在を感じさせない
●生でも蒸しても焼いてもおいしいフルーツのようなさわやかな甘さ
●食味のよい黄色種としては発芽、初期成育が良い
●特にマルチ、露地栽培、早出しをねらった作型で特性を発揮する
●わき芽が比較的大きく育ち、受粉を助けるとともに、光合成産物の転流を助け、2番穂もやや小柄なものの、販売可能な大きさで収穫が期待できる

■栽培のポイント
●施肥量は、生育の後半に効果が出ることで、より大きな穂の収穫が期待できます。参考施肥量N:P:K元肥15:15:15 kg /10a追肥10:0: 10 kg/10a(追肥は2回分:1回目雄花出始め、2回目絹糸出始め)
●栽植密度は、畝幅150cm(トンネル)、140cm(マルチ)。株間27~30cm(9227マルチ等)でおよそ4400~5200株/10a。畝中の条数が多い方が受粉率が高まり、先端まで良く詰まります。
●タネ播きは、低温下での発芽も良好だが、地温15℃以上になった頃が無難。一般地では4月下旬(桜の開花後)からが播種の適期。
※播種後は十分水をやり、発芽までの1週間程度は、土が乾かないようにする。
●雄花が見え始めた頃、マルチを取り除くと収穫後の残さ片付けが容易になります。根際から上部へ葉の向きに逆らわずに除けば比較的簡単に取り除ける。同時に1回目の追肥を与える。ウィンドスター粒剤などを同時に施用すると良い。
●開花後は吸水量が増大するので適宜灌水し、絹糸がで始めた頃2回目の追肥をする。
※抑制作は8月上旬に直播きか定植する。収穫は11月上旬から降霜期まで気候条件により変動する。霜に当たると葉が色抜けする。

 

ミルキースイーツ(とうもろこし)
ミルキースイーツ(とうもろこし)
ミルキースイーツ(とうもろこし)
ミルキースイーツ(とうもろこし)
ミルキースイーツ(とうもろこし)
ミルキースイーツ(とうもろこし)
NEW
商品コード:744
ミルキースイーツ(とうもろこし)

■生産国 アメリカ 
■種子消毒 メタラキシル一回
■交配種
■製造元 トキタ種苗 

◇91円:9粒入

◇330円:15ml入(約40粒)

◇1510円:1dl入

◇3710円:3dl入

※外税価格です。

 

販売価格:100~4,081
関連カテゴリ:
果実を食べる野菜の種 > トウモロコシ
サイズ:
数量:
在庫: 9~34
カゴに入れる
問い合わせる

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む