ホーム>スタッフブログ>社長ブログ

社長ブログ

野沢菜、発芽してきました

三日経って、芽が出てきました。

2020918154647.JPG

水をやらず、雨も降らないのに、地面の湿気で発芽しています。

これぞ、鎮圧の威力。

野沢菜の種を蒔きました

畑を耕した後、雨が降ったので、軽く畝を作り、V字の溝を作ります。

202091695220.JPG

V字の底に、種を1cm間隔位で、蒔いていきます。

その上に、種が見えなくなる位に、育苗培土をかけます。

202091695532.JPG

更にその上に、V字溝付け器で、再度鎮圧します。

202091695753.JPG

その上に、籾殻堆肥をかけて、蒔き床が乾かないようにします。

2020916103925.JPG

大根が発芽してきました

種まきから3日で発芽、6日経つと揃います。

2020911164623.JPG

バッタやコオロギの食害を防ぐために、デナポンベイト粒剤をまきます。

2020911164827.JPG

毒餌で、侵入したバッタやコオロギには、大根の芽を食べる前に、それを食べてもらうように、畑の周辺に多くまきます。

2020911165118.JPG

大根の種を蒔きました

2列植えです。

自分で作った、鎮圧器で、V字の溝を切ります。

202094154821.JPG

V字の溝の底に種を蒔くので、種を蒔いた場所が乾きにくく、焼けに強くなります。

202094155717.JPG

大根の直径の2倍くらいの土をかけます。

202094155918.JPG

再度、鎮圧します。この鎮圧が大切です。

鎮圧することにより、地下水が浸透圧によって上ってきて水分を保ちます。

また、種と土が密着するため、吸水が良くなります。

20209416224.JPG

乾燥防止のため、籾殻堆肥をかけておきます。

シカクマメわこさまの天ぷら

シカクマメ わこさま 取れました。

202081994126.JPG

苦瓜のやぶに一緒に植えたので、苦瓜と混じってなっています。

さっそく、天ぷらにしてもらいました。

202081994322.JPG

サクッとした歯ごたえで、何とも美味しい!

天ぷらでは、タラの芽と並ぶおいしさでは。

右隣は、中長苦瓜、南瓜、平さやインゲンのラスティです。

苦瓜、食用へちまの収穫

梅雨が明けて、暑くなりました。

我が家でも夏の野菜が取れてきました。

202087114211.JPG

食べるのになんと言っても、夏バテに苦瓜・ごうや

我が家では、リンゴと混ぜてジュースで飲みます。

暑くなって他の野菜が育たなくなる時に、元気に実を実らせてくれるのが、食用ヘチマです。

これを味噌汁でいただくと、とろっとして美味しいのです。

 

ケール、コールラビ、大根 収穫

サラダで食べられるケール、カーリーグリーンカーリーレッドの収穫です。

2020630112155.JPG

我が家では、ミキサーで青汁にして飲みます。

蕪のような形のコラビグリーン(コールラビ)も収穫。こちらは、キンピラに。

大根もこんな仲良しの春人が収穫です。

202063011244.JPG

茎レタス、キャベツ収穫

次々と野菜が収穫になるので、料理も人にあげるのも大変(*_*)

茎レタスおいしいキャベツ、自宅だけでは食べきれないので、人に配ります。

20206301141.JPG

もらった息子から、写真付きのラインで、これは何?と質問。

202063011742.JPG

妻が、茎レタスで、ピューラーで皮をむき、斜めにスライスして、オリーブ油で炒めると美味しいよと、アドバイス。

ズッキーニ、カリフラワー、リーフレタスの2番穂 収穫

とれました。

ズッキーニ ブラックボーブラックエッグカリフラワー ゆきのこ 収穫です。

202062310364.JPG それと、リーフレタス マリノ、収穫した後の切り株から出た二番穂がスティックレタスになって、再度収穫です。

202062310417.JPG

これはいい方法です。皆様も、お試しを。

 

 

ズッキーニの雌花が咲き始めました

何と早、ズッキーニ ブラックボーの雌花が咲き始めました。

20206392526.JPG

雄花はどこにも咲いておらず、このままだと落ちてしまうので、咲いた花も明日咲く花ももぎました。

20206392833.JPG

これを油炒めにすると、とても美味しいのです(*^_^*)